[English]/[Japanese]
[HOME]
学会のご案内
理事長挨拶
本学会の概要
会則
理事・運営委員
入会案内
学会活動
学術雑誌
学術集会
選奨事業
ガイドライン事業
学会誌
投稿案内
既刊号
学会大会
年次大会のお知らせ
過去の大会
その他・お問い合わせ
JSCAS News Letter Online
公募情報
関連学会・維持会員
お問い合わせ
広告掲載のご案内
日本医工ものつくりコモンズ

6.今後の活動計画



(1)第2回シンポジウムの開催予定

「日本のもの作りを医療へ生かす取り組み」

〔主催:日本医工ものつくりコモンズ〕
共催:日本機械学会、電気学会、精密工学会、日本生体医工学会、日本コンピュータ外科学会、 日本内視鏡外科学会、日本人工臓器学会、計測自動制御学会、日本ロボット学会、ライフサポート学会、 日本バイオレオロジー学会、NPO法人REDEEM
後援:日本学術会議、日本工学会

開催日時: 2010年11月3日(水) 15:20~18:20
会  場: 九州大学百年講堂大ホール
(第19回コンピュータ外科学会大会中で開催)
参加費: 1000円(シンポジウムのみの参加の場合。コンピュータ外科学会大会に参加登録の場合は無料)
事前登録 不要
趣  旨: 2009年11月のコンピュータ外科学会にて開催されたシンポジウムにて、12の学協会の連携による日本医工ものつくりコモンズが設立された。その後、さまざまな分野の方々からコモンズの趣旨にご賛同されるというコメントを頂き、コモンズの活動は多くの方々から期待されていると実感している。そこで、今回は「日本のものつくりを医療に生かす取り組み」に関して、より具体的な側面からご講演を頂き、医工連携に貢献する「ものつくり」への取り組み方に関して提言を頂く。
問い合せ先: 日本医工ものつくりコモンズ世話人
谷下一夫(慶應義塾大学理工学部 教授)
電話(045)566-1733  FAX(045)566-1720
E-mail tanishita@@sd.keio.ac.jp (@@を半角英字@に変更の上ご利用ください

プログラム

司会:土肥健純(東京大学大学院工学研究科教授)
15:00~15:05 北島政樹(国際医療福祉大学学長)
「開会の挨拶」
15:05~15:25 佐久間一郎(東京大学大学院工学研究科教授)
「東京大学における医療機器開発のとりくみ」
15:25~15:45 佐藤隆幸(高知大学医学部教授)
「日本医工ものつくりコモンズへの期待」
15:45~16:05 日垣秀彦(九州産業大学教授)
「人工膝関節開発において工学的な6自由度動態評価技術はドライビング フォースになり得るか?」
16:05~16:25 大西公平(慶應義塾大学理工学部教授)
「触覚のあるロボットとテーラーメイド工学」

休憩(16:25~16:30)

司会:藤江正克(早稲田大学理工学部教授)
16:30~16:50 鈴木由香(医薬品医療機器総合機構 医療機器審査第一部)
「医療機器の承認審査の動向-手術ロボットを例として」
16:50~17:10 小村育男(株式会社日本ステントテクノロジー代表取締役)
「国際競争力のある国産ステントの研究開発」
17:10~17:30 原澤栄志(日本医療機器産業連合会)
「医療機器産業の立場から」
17:30~17:50 谷下一夫(慶應義塾大学理工学部)
「コモンズの今後の活動について」
17:50~18:00 閉会の挨拶
   
   

  1. コモンズ設立の経緯
  2. 日本医工ものつくりコモンズ設立趣意書
  3. 代表及び世話人リスト
  4. 賛同頂いた学協会
  5. 活動報告
  6. 今後の活動計画
 

●日本医工ものつくりコモンズのホームページに関する問い合わせ先

日本医工ものつくりコモンズ幹事(事務連絡)
谷下一夫(慶應義塾大学理工学部 教授)
電話(045)566-1733  FAX(045)566-1720
E-mail tanishita@@sd.keio.ac.jp (@@を半角英字@に変更の上ご利用ください)


ホームページ管理
和田則仁(慶應義塾大学医学部外科教室)
E-mail nori-kkr@@umin.ac.jp (@@を半角英字@に変更の上ご利用ください)

Copyrights ©JAPAN SOCIETY of COMPUTER AIDED SURGERY All Rights Reserved.