学会事業

一般社団法人 日本コンピュータ外科学会の学会事業はこちらをご覧ください。

第2回 JSCAS AI Challenge

開催にあたり

 日本コンピュータ外科学会は、外科分野の治療面、特に手術支援に関して コンピュータ技術を基礎にした各種の最先端医療機器やシステムの調査・研究・情報交換を行うことを目的として活動を行っています。コンピュータ技術の治療分野への応用は現在ますますその重要性を増しており、これらの諸問題に対する医学的立場・工学的立場からの協力による アプローチは重要かつ不可欠であると考えております。

 我が国における内視鏡外科領域でのAI研究の加速は急務であり、研究人材の育成と研究の質の向上が求められている昨今の状況を鑑みまして、この分野の研究開発に新しい寄与を行い、当該分野を発展させることを目的とし、昨年に引き続き本Challengeを企画させて頂きました。

昨年は初の試みとして超音波凝固切開装置の術具認識をテーマに15の研究チームに参画いただき、一次審査を勝ち抜いた10チームにて決勝大会を開催させて頂きました。工学者だけでなく臨床に携わる医師も参画いただき、1回目にもかからわずレベルの高いコンペティションとなりました。本年は術具認識に加え、内視鏡外科手術の中で重要なシーンとなる「把持」を認識頂くテーマも新たに設定しておりますので、研究のレベルに応じたチャレンジを行って頂けるようになっております。

皆さまの素晴らしい技術の応募をお待ちしております。

 

テーマ

内視鏡外科手術の術具自動認識プログラムの開発

 

課題と評価

課題:

Advanced Challenge:術具の状態認識(把持)

Basic Challenge:術具の種類認識

評価:

模範解答データを基準に、認識精度および評価委員による主観評価

 

応募方法

  1. 応募フォームより参加申請
  2. 学習用データ・サンプルプログラムをダウンロード(左記データの簡易取説はこちら


    Advanced Challenge:術具の状態認識(把持)

    Basic Challenge:術具の種類認識

  3. 提出物を提出フォームより提出(応募フォームは後日公開)

応募締め切り

2021年11月5日(金)  

 

提出物

抽出結果、概要論文(詳細は今後ご案内予定です

賞金

Advanced challenge:最優秀(12万円)、優秀(8万円)

Basic challenge:最優秀(6万円)、優秀(4万円)

作品の帰属権利

応募者もしくは応募者が所属する組織

問合せ等

上記の内容は予告なく変更することがございますので予めご了承下さい。

JSCAS Challengeに関するお問い合わせは下記、JSCAS Challenge事務局までお問い合わせください。

JSCAS Challenge事務局(jscaschallenge@east.ncc.go.jp

学会事業